レーザー脱毛の機械の種類

医療レーザー脱毛の機器にも種類があります。
アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ルビーレーザー、ヤグレーザーとあります。

ルビーレーザーは白人向けということで日本ではあまり普及していません。
ヤグレーザーも効果が低いため、使用している医療機関は少ないと思います。

医療機関で使用されているのは、アレキサンドライトかダイオードがほとんどです。

どちらも日本人の肌に適していて、医療用としても認可されている機器なので、きちんと効果が出ます。

アレキサンドライトレーザーは毛の元の黒い色素に反応するという性質を利用して脱毛します。
レーザーの熱によって毛の元を破壊します。
一度破壊すれば再生することはないので永久脱毛することができます。
レーザーを照射する範囲が広いので施術時間が短く済みます。

また毛穴を引き締める効果があり、美肌効果も期待できます。
ダイオードレーザーは半導体の性質を利用することで脱毛します。
そしてレーザーの波長をコントロールできるので、産毛などの細い毛にも効果があります。

腕や足、脇などを脱毛するのであれば、どちらの機器でも問題ありませんが、背中などの産毛を脱毛するときにはダイオードがお薦めです。
脱毛したい部位によって機器を選択するのが良いと思います。
脱毛するなら鹿児島の人気サロン
一生モノの素肌、ずっときれいでいたい。肌に負担のかからない脱毛法で、あなたの肌はもっと輝く素肌に。鹿児島特集です。
www.xn--d5qv7z13lhyu0p7a.biz

コメントは受け付けていません。