レーザー脱毛と家庭用脱毛機の違い

家庭用脱毛機には大きく分けて2種類あります。

毛を抜くための脱毛器とレーザー脱毛器とあります。

脱毛器は毛抜きと同じ原理です。

一本一本抜くのは大変な作業です。

脱毛器を使えば、
沢山の毛を簡単に抜くことができます。

しかし効果は一時的なもので、
またすぐに生えてきてしまいます。

レーザー脱毛は、
医療機関と家庭用では大きな違いがあります。

まずレーザー脱毛の方法について説明します。

脱毛したい部位に、
レーザーを照射します。

レーザーは毛の元の黒い色素に反応します。

そしてレーザーの熱によって毛の元となる毛乳頭を破壊することで、
毛が生えてこないようにさせるのです。

この照射するレーザーの出力に違いがあります。

脱毛は毛の元を焼くので、
一歩間違えれば火傷やシミになりかねない危険な行為です。

取り扱い方法や施術には注意しなくてはなりません。

家庭用レーザー脱毛器を扱うのはもちろん素人です。

誰が使用しても危険がないよう、
家庭用はかなり弱い出力のレーザーしか照射することができません。

これでは毛の元を破壊する威力はなく、
脱毛効果を得ることができません。

医療機関では、医療用として認可された機器を使用しています。

医師や看護師にしか扱うことのできない強い出出力のレーザーを照射することができるので、
反応した毛は確実に永久脱毛することができます。

脱毛は一度で完了するのではなく、
毛の周期に合わせて定期的に通う必要があります。

回数を重ねることで毛は徐々に細くなり薄くなっていきます。

家庭用レーザー脱毛器でも続けることで薄くはなっていくと思いますが、
かなり根気のいる作業となります。

実際にはあまり効果が出ず、
使用を断念してしまう方も少なくないようです。

このように効果に大きな違いがあります。
長野 全身脱毛
この夏こそムダ毛にさようなら。肌も心も元気にするサロン。丁寧な施術と接客でサロン通いも楽しくなるよ。
www.xn--ipw186bu8lcod.net

コメントは受け付けていません。